CHARACTERS

Work image
ようかんのおんな洋館の女

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
二十六之巻『刻まれる日々』(2005年8月7日放送)

「まさか彼らが自我に目覚めるなんてね。かわいそうに」

■プロフィール

種族:不明

性別:女性

年齢:不明

職業・身分など:不明

家族など:洋館の男(同居人)


 演:芦名星(あしな・せい)


■説明

古びた洋館に住んでいる女性。

魔化魍(まかもう)を育てる姫と同じ顔をしており、いつも同じ和服に身を包んでいる。外見や話し方は通常の女性と変わらないが、睡眠に意味がないという趣旨の発言をした洋館の男に「気分転換にはなる」と答えており、人間ではないことがうかがえる。実験に没頭する洋館の男を見守ってはいたが、実験そのものには興味がないのか手伝う様子は見られなかった。ただ、その結果には興味があるようで、実験の目的を尋ねたり、クグツ経由で魔化魍を強くする計画の際は「私のクグツでもやってみて」とクグツ(黒・女)にイガ状の謎の塊を飲ませていた。クグツたちが見聞きしたものを感知できるため、洋館にいながら外の様子を知ることができる。


夏のある日、洋館の男と外出したところをイブキに発見された。しかし、全力疾走で追ってくる彼に対し怪しげな術を駆使して追いつけないようにすると、ならばと彼が放ったディスクアニマルもあっさり行動不能にし、行方を知られることなく洋館に戻っている。

のちに、洋館の男に切り取られた彼女の毛髪をもとにスーパー姫が誕生。彼女とスーパー童子が音撃増幅剣・装甲声刃(おんげきぞうふくけん・アームドセイバー)を奪ってくると、吉野の技術の秘密がわかるかもしれないと解析を提案。洋館の男がイガ状の塊を用いて剣の強力な波動を抑えることに成功する。装甲声刃はスーパー童子たちが勝手に持ち出してヒビキたちに取り返されてしまったが、解析結果をもとに誕生した音波のバリアを張るヨブコはヒビキたちを大いに苦しめた。

やがてスーパー童子と姫の精神に変化が生じ、自我が芽生えた彼らに反抗されたが、洋館の男とともに不思議な力で攻撃をやすやすと跳ね返した。洋館の女は逃亡したスーパー童子たちを追おうとするが、餌を与えなければいずれは倒れるという理由から洋館の男に制止され、体内のエネルギーが切れて朽ちるに任せている。洋館の女は自我が目覚めた彼らを哀れんでいたが、その真意は定かでない。


またシュキとは面識があり、再会した際には「覚えてます?」と質問。「忘れるはずがない」と答えた彼女を「来ますか? こちら側に」と誘うも「私ほど鬼である鬼はいない。お前らとは違う」断られている。のちにコダマの森が出現すると、洋館の男が式神を放って呼び出した立花勢地郎の前に姿を現した。洋館の男とともに大地を清める聖地を探し出し、仮面ライダー轟鬼(トドロキ)を誘導して聖地の存在を知らせてもおり、この世の破壊までは望んでいなかったことがうかがえる。


ヒビキたちの活躍で「オロチ現象」が鎮まった1年後、洋館の男がサトリに持田ひとみを拉致させた。彼女を媒介に新たな下僕を生み出そうと企んだが、そのさなかに洋館の男の身体に異変が生じてしまう。その後、洋館の男は謎の女とともに現れた謎の男からイガ状の塊を与えられて復活しており、彼女たちもまた謎の男女に仕える存在だったことが判明する。しかし、どのような指令を受けていたのかは不明で、また猛士がどこまで把握しているのかも明かされていない。

関連アイテム

  • List image

    音撃増幅剣・装甲声刃

関連人物

  • Clear

    ヒビキ

  • Clear

    イブキ

  • Clear

    トドロキ

  • Clear

    持田ひとみ

  • Clear

    立花勢地郎

  • Clear

    洋館の男

  • Clear

    スーパー童子

  • Clear

    スーパー姫

  • Clear

    クグツ(黒・男)

  • Clear

    クグツ(黒・女)

  • Clear

    クグツ(白・男)

  • Clear

    シュキ

  • Clear

    謎の男

  • Clear

    謎の女