CHARACTERS

Work image
とどろきトドロキ

登場作品
仮面ライダー響鬼
初登場回/初登場作品
十三之巻『乱れる運命』(2005年4月24日放送)

「基本的にはザンキさんあってのオレだって思ってるもんで。なんで、オレが止めさすとかってのは、有り得ない気がしてるんですけど」

■プロフィール

種族:人間

性別:男性

年齢:26歳

職業・身分など:鬼(音撃戦士)

家族など:持田ひとみ(従妹)、ザンキ(師匠)


 演:川口真五(かわぐち・しんご)


■この人物が変身する仮面ライダー

仮面ライダー轟鬼(トドロキ)


■説明

仮面ライダー轟鬼に変身する青年。

本名は戸田山登巳蔵(とだやまとみぞう)で、持田ひとみの従兄でもある。真面目で正義感が強く、もともとは警察官だったが、仮面ライダー斬鬼(ザンキ)の戦いを目にし、人々の命を脅かす怪物、魔化魍(まかもう)とそれに対抗する鬼という存在を知った。戸田山は警察官を辞職すると、以後は「猛士(たけし)」の関東支部に所属してザンキに師事。2年間の修行を経て「戸田山変身体」に変身する力を身に着け、ザンキとともに魔化魍と戦っていた。関東支部長にして拠点である「甘味処 たちばな」の店主である立花勢地郎の次女、日菜佳とは相思相愛の恋人だが、真面目過ぎる性格もあってあまり進展しておらず、日菜佳をヤキモキさせることもある。


独り立ちの日は突然やってきた。房総のバケガニと戦った際にザンキが負傷して入院。退院後も古傷の影響から思うように戦えず、突然ザンキが引退を宣言したのだ。ほどなくして足尾に現れたヤマアラシ、並びにその童子と姫を相手に、戸田山はひとりの鬼として立ち向かうことになる。

ザンキが童子と姫の相手を引き受け、戸田山はザンキから渡された音撃武器、音撃弦・烈雷(おんげきげん・れつらい)を手にヤマアラシに挑むが、師であるザンキへの依存心が抜けきれていないこともあって、ヤマアラシと童子を取り逃がしてしまう。捜索を続行するなか、戸田山は「お前が自分の責任で自分流にやれ」とザンキに言われたことで、ヤマアラシ、童子との再戦では戦い方を変え、今度は童子とヤマアラシの撃破に成功した。これを見届けたザンキは免許皆伝を宣言し、慣例に従い戸田山に鬼のコードネームである「ザンキ/斬鬼」を継承しようとする。しかし、戸田山は「ザンキさんにはザンキさんのままでいて欲しい」という思いからこれを拒み、以後はザンキに提案された「トドロキ/轟鬼」を名乗ることを決めた。


その後、トドロキはザンキから装備や車両を引き継ぎ、鎌倉、箱根、三浦と各地でバケガニを退治。しかし、自身が未熟と感じているトドロキは魔化魍を浄化しきれていないのではという不安から、倒したのちに烈雷をかき鳴らす清めの儀式を行うようになった。これをディスクアニマルの緑大猿(リョクオオザル)の映像を通じて知った勢地郎は、その意図が掴めずザンキに確認。ザンキも首を傾げ、問われたトドロキは事情を説明すると、不安が残らないよう音撃を鍛えると宣言した。しかし、後日アミキリを倒した際に、ザンキから「お前は別に間違ったことをしてたわけじゃない」と告げられ、清めの儀式はトドロキのスタイルのひとつになった。


以後、トドロキは未熟ながらも努力を続けて活躍。太鼓の音撃技でしか倒せない夏の魔化魍との戦いでは、太鼓の技を教授したヒビキの説明不足もあって失敗はあったが、イブキも加わってともに訓練に励み基本的な太鼓の技を習得した。その後、トドロキはイブキと共闘する機会も増え、エイキも加えた3人で強敵の武者童子を退治したこともあった。たちばなに小暮耕之助がやってきた際は、彼が開発した音撃増幅剣・装甲声刃(おんげきぞうふくけん・アームドセイバー)を勝手に持ち出して変身不能になる一幕もあったが、ヒビキと一緒に厳しい小暮の特訓に耐え、短期間で変身能力を取り戻してもいる。

とはいえ、小暮からも指摘されたようにトドロキには心身ともに隙が多く、かつてザンキの師匠だったシュキに変身アイテムである変身鬼弦・音錠(へんしんきげん・おんじょう)を奪われたり、日菜佳との関係に悩んで戦いに身が入らないといった出来事もあり、「また一緒に戦いたい」と言い出してザンキに叱責されたこともあった。

そして魔化魍が同時に大量発生する「オロチ現象」の兆候が見え始めるなか、東秩父での戦いでオトロシに踏み潰されてしまい、再起不能と言われるほどの重症を負う。さすがにトドロキも大きなショックを受け、一時は自暴自棄になりかけたが、ザンキやヒビキ、日菜佳らに支えられて懸命のリハビリに励む。のちに、すでに絶命したザンキが自分を案じ禁呪である「反魂の術」を使い生ける屍になっていたと知ると、あらん限りの気力を振り絞ってふたたび鬼として復活。共闘したザンキが安堵して昇天すると、ようやくトドロキは心身ともに一人前の鬼となった。

以後、トドロキは新たにザンキが遺した弦の音撃武器、音撃真弦・烈斬(おんげきしんげん・れつざん)も継承。ときには烈雷と烈斬の二刀流を駆使して魔化魍と戦い続け、ヒビキが聖地で大地の浄化に挑んだ際も、イブキと共同で彼を援護。「オロチ現象」の沈静化に貢献した。


■戦闘時の決め台詞など

「6月3日、バケガニ通算3匹目、撃破!!」

「それを見ていただいて、また皆さんにご指導いただければ幸いです」

「もう、大丈夫っすから。有難うございました」

関連アイテム

  • List image

    変身鬼弦・音錠

  • List image

    変身鬼弦・音枷

  • List image

    音撃弦・烈雷

  • List image

    音撃真弦・烈斬

  • List image

    雷神

  • List image

    茜鷹

  • List image

    瑠璃狼

  • List image

    緑大猿

  • List image

    青磁蛙

関連人物

  • Clear

    ヒビキ

  • Clear

    安達明日夢

  • Clear

    イブキ

  • Clear

    立花香須実

  • Clear

    立花日菜佳

  • Clear

    桐矢京介

  • Clear

    持田ひとみ

  • Clear

    天美あきら

  • Clear

    滝澤みどり

  • Clear

    ザンキ

  • Clear

    安達郁子

  • Clear

    立花勢地郎

  • Clear

    洋館の男

  • Clear

    洋館の女

  • Clear

    小暮耕之助

  • Clear

    シュキ