CHARACTERS

Work image
うぉずウォズ

登場作品
仮面ライダージオウ
初登場回/初登場作品
第1話『キングダム2068』(2018年9月2日放送)

「祝え!全ライダーの力を受け継ぎ、時空を超え、過去と未来をしろしめす時の王者。その名も仮面ライダージオウ、まさに生誕の瞬間である」

■プロフィール
種族:人間
性別:男性
年齢:不明
職業・身分など:不明(2068年の時代ではレジスタンスに所属/劇場版ジオウ Over Quartzerではクォーツァーの一人であったが離反した)
家族など:不明

演:渡邊圭祐(わたなべ・けいすけ)

■この人物が変身する仮面ライダー
仮面ライダーウォズ

■説明
2068年の未来から現れた謎の預言者。
常磐ソウゴを「我が魔王」と呼び、彼がオーマジオウに至る歴史を記した本「逢魔降臨暦」をいつも持ち歩いている。
当初は逢魔降臨暦の内容に基づいてソウゴを魔王へと導こうとしており、彼が新たなライドウォッチを使用する際は心を込めて高らかに祝福する。

2068年の未来においては明光院ゲイツやツクヨミと同じレジスタンスに所属してたが、何らかの理由によりオーマジオウの配下として行動を開始。
2018年の時代に移動した後は、若き日のオーマジオウ=常磐ソウゴにジクウドライバーなどを献上するなどして彼のサポートを行った。
未来からの予期せぬ来訪者=もう一人の自分(白ウォズ)に対しては戸惑いを隠せない様子であったが、その後、白ウォズからビヨンドライバーを奪取する形で自らも仮面ライダーウォズへと変身。
常磐ソウゴらとつくる新たな未来を目指して戦う道を選び、かつて裏切ってしまった明光院ゲイツやツクヨミとも良好な関係を築くことができた。

スウォルツとの最終決戦においては、ゲイツを失った怒りからオーマジオウへの変身を遂げたソウゴを祝福。
世界が21に再編された後も、ウォズは記憶を失うことなく常磐ソウゴたちを見守り続けている。

■戦闘時の決め台詞など
「祝え!全ライダーの力を受け継ぎ、時空を超え、過去と未来をしろしめす時の王者。その名も仮面ライダージオウ、まさに生誕の瞬間である」
「祝え!過去と未来を読み解き、正しき歴史を記す預言者。その名も仮面ライダーウォズ!新たなる歴史の1ページである!」
「普通の高校生、常磐ソウゴ。彼には大魔王にして時の王者、オーマジオウとなる未来が待っている、かどうかはまだ分からない。ここから先は、この本とは違う歴史が記される必要があるようです」

関連アイテム

  • List image

    ビヨンドライバー

  • List image

    ウォズミライドウォッチ

関連人物

  • Clear

    常磐ソウゴ

  • Clear

    オーマジオウ(2068年の常磐ソウゴ)

  • Clear

    明光院ゲイツ

  • Clear

    ツクヨミ

  • Clear

    白ウォズ

  • Clear

    常磐順一郎