CHARACTERS

Work image
てづか みゆき手塚海之

登場作品
仮面ライダー龍騎
初登場回/初登場作品
第13話『その男ゾルダ』(2002年4月28日放送)

「オレの占いは当たる。だが、決まった運命ほど変えたくなる」

■プロフィール

種族:人間

性別:男性

年齢:24歳

職業・身分など:占い師

家族など:不明


 演:高野八誠(たかの・はっせい)


■この人物が変身する仮面ライダー

仮面ライダーライア


■説明

仮面ライダーライアに変身する青年。

コインを用いた占いが得意で、「オレの占いは当たる」が口癖。実際、彼の占いはもはや予知といえるレベルで的中するが、本人は「運命は変わらないものではなく、むしろ変えるべきもの」と考え、職業柄なのか観察力や洞察力に優れている。


仮面ライダー龍騎である城戸真司と同様、手塚は神崎士郎に選ばれて仮面ライダーになったわけではなく、もともとは彼のカードデッキ(ライア)も親友である斉藤雄一のものだった。

ピアニストだった雄一は、浅倉威が起こした事件に巻き込まれて指を負傷し、音楽家としての道を絶たれてしまう。士郎はそんな彼にブランクのカードデッキ(ライア)を渡したが、斉藤は仮面ライダー同士の戦いを拒否。結果、ガルドサンダーに襲われて、その餌食になってしまった。手塚はそんな彼を「誰よりも強く、正しかった」と信じており、雄一が信じた正義を無駄にしないため、そして変えられなかった運命を変えるため、彼のカードデッキ(ライア)を手にして仮面ライダーとなった。


その後、手塚は仮面ライダーナイトが仮面ライダーガイと戦い、敗れる未来を予見。仮面ライダーとの新たな出会いを察した手塚は、広場で占いをしつつ頭に浮かんだ光景の人物を探し、そこへ現れた蓮に接触した。このとき、手塚は戦いを挑んできた蓮に応じ、蓮には無理にでも戦い続ける理由があると気づく。手塚はその後も蓮の運命を変えるために彼との接触を続け、蓮と同居している仮面ライダー龍騎こと真司と出会い、しばし「花鶏」に滞在することになる。


のちに、手塚は真司が追っていた事件を通じてガイこと芝浦淳と出会い、さらに仮面ライダーゾルダこと北岡秀一が弁護していた凶悪犯、浅倉までもが仮面ライダー王蛇となって現れた。次第に戦いが激化するなか、手塚は蓮が戦う目的を突き止めて諦めるよう諭すが、やはり蓮に戦いをやめるつもりはなく、しかも優衣を人質に取った芝浦に挑まれ、手塚と蓮は彼と戦うことになってしまう。

以前に手塚が予見した通り、この戦いでナイトはガイに倒されそうになったが、駆け付けた龍騎がこれを阻止。さらに、同時期に戦っていた王蛇とゾルダがその場に現れ、成り行からガイが王蛇に倒されてしまう。


その後、神崎優衣を占った手塚は彼女から何も見えないことに驚き、兄について調べ始めた彼女を手伝うことに。そして、優衣が忘れていた生家の場所やそこで起きた事故について突き止めた。彼女の生家に踏み込んだ手塚は、そこに現れた士郎に戦いを促され、サバイブ(疾風)を渡される。しかし、手塚はそれ以後も仮面ライダーと戦おうとはしなかった。

そして、あくまでも人を守るために戦う手塚の前に宿命のミラーモンスター、ガルドサンダーが現れた。真司が驚くほどに激昂した手塚はそれを撃破し、親友の仇を討つ。

また、この間に手塚は真司とともに占いを行い、「次に消える仮面ライダーは自分だ」と衝撃の結果を告げる。後日、手塚は優衣から目を離さぬよう真司に告げると、蓮にはサバイブ(疾風)を渡して花鶏を去った。すると、彼の前に士郎にけしかけられた浅倉が出現。周囲の人間を襲うとほのめかされ、手塚はやむなく変身して彼の挑戦に応じた。そこに駆け付けた龍騎が王蛇と戦うも、押され始めて窮地に陥り、王蛇が彼に向けて必殺技「ベノクラッシュ」を発動。ライアは龍騎を庇う形で王蛇の繰り出す連続キックを受け、変身解除される。ナイトが割って入り王蛇の相手をすることで、手塚は真司によって現実世界に帰還。しかし、ダメージの深さは深刻でもはやこれまでと悟り、「運命を変えるんだろ!」と必死の真司に対し、実は占いの結果は嘘だったことを告白。自身の占いで次に消える仮面ライダーと出たのは本当は龍騎であった。驚愕し言葉を失う真司に対し、「しかし運命は……変わる」と言い残し、手塚は静かに消滅していった。


【『仮面ライダー龍騎スペシャル 13RIDERS』では……】

仮面ライダーナイトこと秋山蓮の友人で、彼と同じく小川恵理を救う目的で仮面ライダーになった。蓮との会話で「確かに昔オレは恵理を愛した」と述べているが、以前に恵理と付き合っていたのか、それとも一方的な愛情だったのかは定かでない。また、恵理を救うためにほかの人間を犠牲にしてよいのかと疑問を抱き始めてもいた。

その後、城戸真司=仮面ライダー龍騎、ナイトとともにミラーモンスターと戦っていたが、現れた高見沢逸郎=仮面ライダーベルデに攻撃され、ひとりだけやや離れた場所へ連れ出された。そして、クリアーベントで透明化したベルデに攻撃されたのち、コピーベントの使用でナイトの姿になって油断を誘われ、ファイナルベントの「デスバニッシュ」を発動され、頭から地面に叩きつけられる荒業で倒された。


■戦闘時の決め台詞など

「俺の占いは当たる。だが運命は変わらないわけじゃない。むしろ変えるべきものだ」

「俺は戦わない。だがお前たちがやるというなら、俺の力で止めてみせる」

「俺は神崎士郎のつくったライダーの運命を変えて、奴の運命も変える」


関連アイテム

  • List image

    Vバックル

  • List image

    カードデッキ(ライア)

関連人物

  • Clear

    城戸真司

  • Clear

    秋山蓮

  • Clear

    神崎優衣

  • Clear

    神崎士郎

  • Clear

    北岡秀一

  • Clear

    浅倉威

  • Clear

    神崎沙奈子

  • Clear

    芝浦淳

  • Clear

    高見沢逸郎