CHARACTERS

Work image
ん・だぐば・ぜばにんげんたいン・ダグバ・ゼバ人間体

登場作品
仮面ライダークウガ
初登場回/初登場作品
『EPISODE 40 衝動 』 (2000年11月19日放送)

「なれたんだね、究極の力を持つ者に」

■プロフィール

種族:グロンギ族

性別:人間体は男性の姿

年齢:不明

職業・身分など:ン(グロンギ族における階級・格付け)

家族など:不明


演:浦井健治(うらい・けんじ)


■怪人体

ン・ダグバ・ゼバ中間体

ン・ダグバ・ゼバ


■説明

「究極の闇をもたらす者」と呼ばれるグロンギ怪人、ン・ダグバ・ゼバ(未確認生命体第0号)の人間体。

警察の公式発表では、未確認生命体B群13号。

グロンギの頂点に君臨する存在とされ、人間体においても超常的な力を発揮。

自身の存在を感知した緑のクウガ(ペガサスフォーム)にプレッシャーをかけ、極度の消耗により変身を解除させたこともあった。

また、超古代においてもリントの戦士「クウガ」と対決しており、その際に腹部のベルトを破壊され、現在の九郎ヶ岳遺跡に封印されることとなった。

現代に復活してからは200体以上の同族を蘇らせてゲゲルを開始させ、修復を終えたベルトの力で完全な姿を取り戻すと、ゴ・ガドル・バがクウガに敗れたタイミングで行動を開始。

「究極の闇」を開始すると宣言し、日本各地で3万人以上の犠牲者を生み出した。

その後、優しい心を失わずに「凄まじき戦士」となった五代雄介と対決。

同じ力を持つ存在と暴力を振るい合うことに心からの笑顔を浮かべ、壮絶な死闘の末、殴打による腹部神経断裂で息絶えた。

関連人物

  • Clear

    バラのタトゥの女(ラ・バルバ・デ人間体)

  • Clear

    ズ・ゴオマ・グ人間体

  • Clear

    五代雄介

  • Clear

    古代の戦士