CHARACTERS

Work image
きりの えいと霧野エイト

登場作品
仮面ライダーエグゼイド
初登場回/初登場作品
『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』(2017年3月25日公開)

「……面白そうだね。ボク、戻るよ」

■プロフィール

種族:人間

性別:男性

年齢:10歳(2017年時点)

職業・身分など:不明

家族など:不明


 演:大西利空(おおにし・りく)


■説明

身体が電脳化する謎の病にかかり、聖都大学附属病院に入院した天才プログラマー少年。

アメリカから帰国直後の鏡飛彩が治療を担当するが、霧野エイトは自身の病気が治らなくても構わないと考えており、飛彩のオペも断ってしまう。

そしてエイトは、入院中に完成させたゲーム『超スーパーヒーロー大戦』をネット上に拡散させると、そのゲームの世界へと吸い込まれてしまった。


その後、エイトが作り出した「ゲームと現実を繋ぐ光の通路」を通って、ゲームキャラクターや怪人たちが現実世界への侵攻を開始。

現実には何もないと感じていたエイトは「ゲームの世界の鏡飛彩」と協力し、自身が存在するゲームの世界を現実に置き換えようと目論んでいた。


スーパーヒーローたちの活躍で現実世界への侵攻が阻止された後、自身のために闘ってくれた鏡飛彩や宝生永夢、ナーガらの言葉を受けて、エイトは現実へと帰還。

携帯ゲーム機を通じて「ゲームの世界の鏡飛彩」との再会も果たし、永夢の「ゲームはいつもそばにいてくれる」という言葉に初めて笑顔を見せた。

関連人物

  • Clear

    鏡飛彩

  • Clear

    鏡飛彩(超スーパーヒーロー大戦)

  • Clear

    ショッカー首領三世