CHARACTERS

Work image
ざいぜん みちひこ/どくたーぱっくまん財前美智彦/Dr.パックマン

登場作品
仮面ライダーエグゼイド
初登場回/初登場作品
『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』(2016年12月10日公開)

「我が名はDr.パックマン」

■プロフィール

種族:人間→バグスター

性別:男性

年齢:60歳(消滅した2010年当時)

職業・身分など:ネクストゲノム研究所の所長(消滅した2010年当時)

家族など:八乙女紗衣子(娘)


 演:佐野史郎(さの・しろう)


■説明

遺伝子医療の権威であり、ネクストゲノム研究所の所長を務めていたドクター。

6年前(2010年)、革新的なゲノムプロジェクトを進めていた財前美智彦は、宝生永夢(当時18歳)からパラドバグスターを分離させることに成功。

だが、そのオペの際に大量のバグスターウイルスが噴出し、部下であった来瀬荘司、竜崎一成、武田上葉と共にその場で消滅してしまう。


そして2016年。

バグスターとして甦った財前は「Dr.パックマン」を名乗り、幻夢コーポレーションを襲撃。

檀黎斗からガシャコンバグヴァイザーとプロトガシャットを奪い、検知プログラムを仕込んだパックマンウイルスをばら撒いて「新種のバグスターウイルス」の保菌者である清宮東吾を探し出す。

その後、東吾から出現したハテナバグスターの「遺伝子改造能力」を利用して、究極生命体・ゲノムスへと進化。

全人類に対しても、病に苦しむことのないゲノムスへの強制進化=究極の医療を実行しようと目論むが、永夢をはじめとする仮面ライダーたちにより、その野望は打ち砕かれた。


■この人物が変身する怪人

ゲノムス

関連アイテム

  • List image

    ガシャコンバグヴァイザー

関連人物

  • Clear

    宝生永夢

  • Clear

    檀黎斗

  • Clear

    来瀬荘司

  • Clear

    竜崎一成

  • Clear

    武田上葉

  • Clear

    清宮東吾

  • Clear

    八乙女紗衣子