仮面ライダー初のシリーズアニメ化決定!!2022年、夏配信予定

SCROLL

スクロールボタン

SCROLL

スクロールボタン

最新情報

アニメ『風都探偵』より
『仮面ライダーW(ダブル)』放送記念日に
Wプレゼント!
キャラクターの個性溢れるイメージボード2種 監督及びスタッフ情報を解禁!

イメージボード2種

主要キャストの個性が溢れる
2種類の作品イメージボードを
公開!

 先日初のイメージボードが公開になった本作ですが、本日、新たに世界観とクオリティへの期待が高まるイメージボードの追加公開をいたしました。作品イメージボードでは主人公の翔太郎とともに仮面ライダーWの愛機であるハードボイルダーが登場。さらに本作に欠かせない翔太郎の相棒フィリップや、謎めいた美女ときめ、鳴海探偵事務所所長の亜樹子とその夫であり仮面ライダーアクセルでもある照井竜など、主要キャラクターたちの様子や、探偵事務所の中でのメンバーたちの楽しげな雰囲気が描かれています。

『ウマ娘 プリティーダービー』を
手掛けた椛島洋介氏が監督に!
スタッフ情報を解禁!

 本作品の監督を務めるのは『ウマ娘 プリティーダービー』のキャラクターデザイン・総作画監督や、『戦姫絶唱シンフォギアGX,AXZ,XV』総作画監督、『アクセル・ワールド』デュエルアバターデザイン、アクション監督を務めた椛島洋介氏に決定しました。椛島監督からは、本作の制作に向けてコメントをいただきましたので、以下にご紹介いたします。

 また副監督には『ブラッククローバー』で助監督・監督を務めた種村綾隆氏、キャラクターデザイン・総作画監督には、『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』、『Fate/Apocrypha』などを手がけた蛯名秀和氏、同じく総作画監督として『落第騎士の英雄譚』や、『戦刻ナイトブラッド』でキャラクターデザイン・総作画監督を務めた小松原聖氏を迎えます。

 さらに音楽は、これまで数多くの仮面ライダー作品に携わってきた中川幸太郎氏・鳴瀬シュウヘイ氏が、『仮面ライダーW』テレビシリーズに続けて担当していただけることになりました。

監督・椛島洋介コメント

 『風都探偵』がアニメ化されるのならば、その監督はどうしても自分が務めたかった。『仮面ライダーW』が、『風都探偵』として漫画化されると聞いたときに、そう強く思い、そして願いました。

 『仮面ライダーW』を含む『仮面ライダー』シリーズは、人生で窮地に陥ったとき、いつも自分を救ってくれました。だからこそ、どうしても自分の手でその恩返しをしたかったんです。

 幸運なことに、今回その機会をいただくことができました。

 私なりの作品への愛や想いをもとに、全力で制作に挑んでいきたいと思っています。

 『W』の雰囲気を、そのまま再現した作品としてお届けするつもりです。どうぞご期待ください!

『仮面ライダーW』脚本を務める
三条陸氏とプロデューサー
塚田英明の
対談映像を公開!

 特撮からマンガ、アニメへと新たなステージへと進む仮面ライダーWの魅力を、脚本家とプロデューサーとしてドラマ立ち上げからマンガ連載、さらに今回のアニメ化まで携わる三条陸氏、総合プロデューサー塚田英明が語ります。

 本映像は今年6月に世界最大級のアニメーション映画祭である「アヌシー国際アニメーション映画祭(フランス)」で発表されたものです。知られざる制作エピソードやクリエイターたちの作品に込められた熱い想いが語られています。お楽しみに!

対談のようす

スタッフ一覧

監督
椛島洋介
副監督
種村綾隆
シリーズ構成
樋口達人
脚本監修
三条陸
キャラクターデザイン・総作画監督
蛯名秀和
総作画監督
小松原聖
仮面ライダー・ドーパントアニメーター
椛島洋介山根理宏
メインアニメーター
式地幸喜冨永一仁横屋健太
メカ・プロップデザイン
大河広行
美術設定
青木智由紀森岡賢一
美術監督
渡辺幸浩
色彩設計
横山さよ子
撮影監督
志村豪竹沢裕一
2Dグラフィックス
影山慈郎
3DCG制作
iPSアニメーションスタジオ
3DCGアクション
unknownCASECGディレクター 加島裕幸CGアニメーションディレクター 崎山敦嗣
3Dモデリング
ジェットスタジオ石井貢
編集
髙橋歩
音響監督
明田川仁
音響制作
マジックカプセル
音楽
中川幸太郎鳴瀬シュウヘイ
音楽プロデューサー
飯田真由(avex entertainment)
総合プロデューサー
塚田英明
プロデューサー
内藤恵古谷大輔
アニメーションプロデューサー
増尾将史
アニメーション制作
スタジオKAI
製作
「風都探偵」製作委員会

仮面ライダー生誕50周年記念 平成仮面ライダーシリーズ屈指の人気作
『仮面ライダーW(ダブル)』の正統続編
「週刊ビッグコミックスピリッツ」
大好評連載中マンガ
アニメ「風都探偵」より、作品イメージボードを公開!制作は新進気鋭のアニメスタジオ「スタジオKAI」に決定!

風都探偵
見出しの背景 見出しの背景

特撮からマンガ、
そしてアニメへと引き継がれる
『風都探偵』

 2021年4月3日、ハードボイルドな探偵バディドラマとスタイリッシュなアクションシーンで、仮面ライダーシリーズの中でも人気の高い作品である『仮面ライダーW(ダブル)』のその後を描くマンガ『風都探偵(週刊ビッグコミックスピリッツ)』のシリーズアニメ化が決定しました。シリーズアニメ化は、仮面ライダー史上初の試みとなります。現在2022年の配信を予定しています。

見出しの背景 見出しの背景

漫画の世界観をそのままに、
アニメ『風都探偵』作品
イメージボードを公開!

制作を手掛けるのは新進気鋭の
アニメ制作スタジオ・スタジオKAI

 この度、本作品のイメージボードを初公開します。マンガ『風都探偵』第1話の扉絵と同じく、本作の舞台となる風都の町と、それを見下ろしながら佇む主人公・左翔太郎を、仮面ライダーWのテーマカラーであるパープルとグリーンで彩っています。

 また、本作品の制作を手掛けるのは『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』や、『スーパーカブ』(TVアニメ)など多くの話題作を手掛け、作画に定評のある新進気鋭のアニメ制作スタジオ・スタジオKAIに決定しました。

 

 ぜひ『仮面ライダーW(ダブル)』およびマンガ『風都探偵』で描かれた緻密な設定や世界観を引き継いだ、アニメ『風都探偵』にご期待ください。

見出しの背景 見出しの背景

スタジオKAI コメント

 仮面ライダー50周年記念作品であり、大人気連載中のマンガ『風都探偵』のアニメ化制作に携われることを大変光栄に思います。本作の魅力をあますことなくお届けし、世界中の仮面ライダーファンの方々の期待に応えられるようスタッフ一同、全力を尽くします。

株式会社スタジオKAIとは

 制作するアニメーションに関わる人々に「夢」を送り届け続けることをビジョンに2019年に設立されたアニメーション制作スタジオ。代表作として、『ウマ娘 プリティダービー Season 2』や『スーパーカブ』(TVアニメ)、『23時の佐賀飯アニメ』、『虫籠のカガステル』(Webアニメ)などがある。

JP EN

仮面ライダー生誕50周年記念 平成仮面ライダーシリーズ屈指の人気作
『仮面ライダーW(ダブル)』の正統続編
「週刊ビッグコミックスピリッツ」
大好評連載中マンガ
「風都探偵」アニメ化決定‼仮面ライダー史上初のシリーズアニメ化! 2022年夏配信開始(予定)

風都探偵
見出しの背景 見出しの背景

特撮からマンガ、そしてアニメへ

仮面ライダー生誕50周年を記念して、『仮面ライダーW(ダブル)』のその後を描くマンガ『風都探偵(週刊ビッグコミックスピリッツ)』のアニメ化が決定しました。

『仮面ライダーW(ダブル)』は桐山漣さん(左翔太郎役)、菅田将暉さん(フィリップ役)がW主演した2009年放送の、平成仮面ライダーシリーズ第11作目です。ハードボイルドな探偵バディドラマで、高いドラマ性やスタイリッシュなアクションなどで好評を博し、シリーズの中でも人気の高い作品の一つとなっております。現在は「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて続編を描いたマンガ『風都探偵』が大人気連載中です。

『仮面ライダーW(ダブル)』およびマンガ『風都探偵』で描かれた緻密な設定や世界観が引き継がれた、アニメ『風都探偵』にぜひ、ご期待ください。

見出しの背景 見出しの背景

総合プロデューサー 塚田英明
コメント

ある原作が違うメディアになった時、「こうじゃないんだけどなあ」と不満に思うことありませんか?「主人公はこんなこと言わない」「なんかテンポが悪い」「知っている説明をクドくしないで」等々。でも、そんなストレスが一切無かったのが、実写ドラマ『仮面ライダーW』がマンガ『風都探偵』になった時でした。

マンガ『風都探偵』は、「『W』のその先の物語」を描いた正統続編。そもそも「内容」が新しいから刺激的なのですが、それプラス「技術」の面もあるのです。僕も監修していて驚いたのですが、原作の三条陸センセイはなんと「ドラマの『W』を観ているのと同じ感覚で読める」ことを計算してマンガを設計しているのです!

その考えのベースには三条さんの「ファンの気持ちを常に想定した視点」があります。だから読者の皆さんは驚くほどストレスフリーに風都の新たな物語を享受出来たのです。

風都の物語は、ついに「アニメ」という新形態を現します。挿入歌「Cyclone Effect」の歌詞になぞらえるならば、「きっと強くなれる 次のステージへ風が連れていくよ」という節目です。今回集結していただいた優秀なアニメクリエイター陣が、ここで言う「風」。前述の「ファンの気持ちを常に想定した視点」を心掛け、必ずや“満足”へお連れします!

アニメ『風都探偵』――――仮面ライダーWの次のステージにご期待ください!

見出しの背景 見出しの背景
マンガ『風都探偵』

仮面ライダーW(ダブル)』の正統続編であるマンガ作品。

青年マンガ誌連載作品として始めるという意向のもとにタイトルにはあえて『仮面ライダーW』を入れず、特撮ファン以外も巻き込む大人のストーリーが展開される。

“バディ探偵” 左翔太郎とフィリップとおなじみのメンバーに加え、謎の美女「ときめ」が加わり、風の街「風都」で巻き起こる新たな怪事件に立ち向かう仮面ライダーWの活躍が描かれる。

STORY

翔太郎とフィリップにより風都は守られたはずだった。しかし街の裏側では未だ怪現象が多発している。

そんな二人の前に姿を現した 謎の美女・ときめ。そして新たなる邪悪な影。今、仮面ライダーWの新たな戦いが幕を開けるーー

掲載誌
「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)
連載開始
2017年8月
発行累計部数
200万部(11巻まで)
原作
森章太郎
脚本
三条陸
マンガ
佐藤まさき
監修
塚田英明(東映)
クリーチャーデザイン
寺田克也
見出しの背景 見出しの背景

『仮面ライダーW (ダブル)』とは

さあ、お前の罪を数えろ!

平成仮面ライダー第11作品目。探偵の左翔太郎と謎の“魔少年”フィリップが、2人で1人の「仮面ライダーW」に変身する。探偵ドラマとしてミステリー要素がふんだんに盛り込まれる一方、個性豊かなキャラクターたちのコミカルなやり取りも人気を呼んだ。

放送期間
2009年9月~2010年8月
原作
森章太郎
プロデューサー
塚田英明(東映)
メインライター
三条陸
監督
田﨑竜太 他
クリーチャーデザイン
寺田克也